猫ちゃんの健康診断はいつから?健康診断の内容と費用を徹底解説


猫の病気は早期発見が難しいといわれています。家族が猫ちゃんの病気に気がついた時は、実は病気がかなり進行していて、手の施しようがないということも珍しくありません。
大切な猫ちゃんの病気をいち早く発見し、出来る限りの治療をしてあげるためにも、定期的な健康診断を受けておくと安心です。
今回はうっかり忘れがちな猫ちゃんの健康診断に注目してみましょう。

静かに暮らしていることが健康の証ではありません


猫ちゃんといえば毎日気持ちよさそうに昼寝をする姿をすぐに思い浮かべますが、寝ていること、じっとしていることは必ずしも健康な証ではありません。
例えば
・体に痛みがある
・体力が無い
・食欲がない
・トイレをするたびに痛みや出血がある

このような体調不良を抱えている時、猫ちゃんは少しでも体力を無駄にしないようにと毎日じっとしていることが多くなったり、一日中寝て過ごすことで体力を保とうとしています。
このような習慣があるからこそ、家族もつい猫ちゃんの病気を見逃してしまうのです。
猫ちゃんの病気は外見からでは気が付けないことが多いので、動物病院で定期的な健康診断を受け安心して毎日を過ごせるように心がけておきましょう。

健康診断はいくらくらいお金がかかる?


健康診断が大切なことはわかるものの、やっぱりお金のことが気になるのは当然です。動物病院と聞くと、高いお金がかかるというイメージがあります。
猫ちゃんの場合、どんな検査を受けるのかでお金は色々なパターンがあります。

費用の予算は3000~10000円の場合


特に体調不良は気にならないけれど念のためという健康診断の場合は、獣医師による触診、視診、聴診、血液検査、検便で十分です。
獣医師と家族で普段の様子を話し合ったり、血液検査で数字として健康状態を分析するだけなので、1時間もかからずに終えることができます。
もしこの血液検査で異常が見つかった場合は、より詳しい検査へと進みます。
猫ちゃんが若く、気になる症状が無い場合は、血液検査が不要になることもあります。

費用の予算は10000~30000円の場合


何となく体調不良かなとおもうことがあったり、食欲や元気がない、下痢や嘔吐が続くなど気になる症状がある場合は、血液検査と併せてレントゲンやエコー検査を受けましょう。
目には見えない内臓の異常が見つかることがあります。
この時、確実に体調不良の原因をつきとめるために、家族からの情報はとても重要です。
些細なことでも気になることがあれば、しっかりと獣医師に伝えてください。
いつも食べているフードの銘柄もメモしたり、写真にとって持参すると獣医師との話がスムーズに進みます。
この場合、血液検査は単に採血をして簡単な分析をするだけでなく、伝染病の感染を調べたり、専門機関に分析を依頼する場合もあるのでやや高額なお金がかかる場合があります。
猫ちゃんの病気は本当に色々な種類があるので、一度の検査で病気を見つけることができない場合もあります。
検査で異常が見つからなかった場合でも、体調不良が続く場合は再度検査を受けたり、別の動物病院で再度の検査を受けることをオススメします。

出来る限り予算を抑えたい場合はワクチンと同時に


ご飯を良く食べ、元気いっぱい、まるで病気はないのでは?と思える猫ちゃんの健康診断に高いお金がかかるのは、もったいないなと思うのも当然です。
健康診断の結果、何も問題がないことは嬉しいのですが、お金がかかったことになんだかモヤモヤした気持ちになります。
出来る限り、余分なお金をかけずに猫ちゃんの健康状態を調べる方法の1つに、ワクチン接種と同時に健康診断を受けるという方法があります。
猫ちゃんを伝染病から守るためには、年に1回混合ワクチンの摂取が必要です。
この混合ワクチンを摂取する時、必ず獣医師が事前に診察をします。
診察では視診、触診、聴診を行います。
獣医師から見て問題無しとされれば、そのままワクチン接種へ進みます。
もじこの時点で、何か病気の疑いがあるとわかれば、血液検査や便検査などより詳しい検査へと進みます。
ワクチン接種と同時に健康状態を確認すれば、余計なお金がかかる心配もないので、気軽に動物病院を受診できるでしょう。

6歳を過ぎシニアになったら年に一度はしっかりと健康診断を


猫の平均寿命は15年ほどです。でも6歳を過ぎるとシニアと呼ばれるようになります。猫の6歳は人間の60歳くらいだと知っておいてください。
この年齢になると人間も色々な体調不良が増えてゆきます。外見だけではわからない病気も増えるので、6歳を過ぎたら年に1回を目安に健康診断を受けましょう。
この時の健康診断もまずは血液検査で十分です。費用は5000円程度で済みます。もし何か病気が見つかった場合はより詳しい検査を受けることを考えておきましょう。

病気の早期発見早期治療は長生きの秘訣


猫ちゃんにいつまでも元気に暮らしてもらうために、定期的な健康診断を忘れずにうけておきましょう。







里親.comは、
主に病気や障害のある猫や
高齢猫・その他ワケありの猫の
里親募集を告知するサイトです。