猫ちゃんと住む物件探しは大変!ペット可の部屋探しのコツと裏技を伝授



コロナ禍で、猫ちゃんをはじめとするペットを飼う人が増えています。
しかし、ペットと暮らしたいから、とペット可の部屋を探しても、なかなか部屋が見つからない!と諦めかけている人もおられるようです。
そこで今回は、ペット可の部屋の探し方や裏ワザ、選び方などを詳しく紹介します。

ペット可の部屋探しのコツ



ペット可の部屋を探すときには、次の4つのポイントをチェックしてみてください。

ペット可に強い不動産屋やサイトを利用する



近年ではペット可の部屋探しに特化した不動産サイトがあるので、まずは利用してみることをおすすめします。
インターネットで「ペット可」「強い」「不動産サイト」などのワードを入力するとずらっと出てくるので、調べてみましょう。

ペット可以外の条件を低くする



ペット可の物件はそもそも取扱い数が少ないため、ペットを飼えること以外の条件も満たしているものを探すとハードルがどんどん高くなります。
そこで、築年数や駅からの距離などの条件を緩めてみてください。
築年数が古い物件や駅からの距離がある物件は人気がないため、ペット可の物件数が多い傾向にあります。

ペット共生型の物件を探す



近年では、ペットと一緒に暮らすことを前提とした「ペット共生型賃貸住宅」も増えています。
ペットと暮らすことが前提ですので、フェンスやくぐり戸、ペット対応の床材やクロス使用など、ペットと暮らしたいと思っている人にとって嬉しい設備が整えられています。
ペットに関して他の住民とのトラブルも発生しにくいなど、ペットを飼う人にとっては嬉しい住宅です。
ただし、増えてきたと言ってもまだまだ全体の割合からすると少ないため、希望の地域になかったり、家賃が高い傾向にあるので手が出なかったりする場合もあります。

引っ越しが少ない時期に部屋を探す



ペット可の部屋は、地域の不動産屋さんを利用して探すこともできます。
その際は、入居者希望が比較的少ない4~7月や10~12月に相談してみましょう。
この時期は 引っ越しが少なく不動産屋も時間がある場合が多いため、話をじっくりと聞いてもらったり、細かな対応や交渉をしてくれたりする可能性が高くなります。

ペット可の部屋探しが難航したときの裏ワザ



上記のポイントを押さえて探してもまだ見つからないときは、ペット不可の部屋も探してみましょう。
ポイントは、なかなか借り手が見つかっていない部屋や、築年数が長い部屋にターゲットを絞ること。
不動産の収入的には空いた部屋がない方がよいことと、築年数が長い部屋は大家さんがペットに関して容認する可能性が高いため、交渉するとOKが貰えることがあります。

ペット可の部屋の選び方



ペット可の部屋が見つかったら、できれば次の2つのポイントを押さえた部屋を選びましょう。

低い階の部屋を選ぶ



なかなか物件がない場合は選択肢がないかもしれませんが、アパートやマンションの場合はできれば低い階の部屋を選びましょう。
1~3階までなら、万一猫が飛び降りても命にかかわることはほとんどありません。

日当たりがよい部屋を選ぶ



猫は縄張り意識が強いので、高いところから外を眺めるとストレス解消やリラックス効果を得る、と言われています。 
また、ひなたぼっこが大好きで、日光を浴びることで体温を高めたり、体内時計を整えたりするので、できるだけ日当たりがよい部屋を選びましょう。

ペット可の部屋を探す際に注意したいこと



ペット可と書いてあっても、どんなペットでも飼えるわけではありません。
小型犬はOKですが猫はNG、多頭飼いはNG、ということも多くあります。
まずは、猫ちゃんが飼えるかどうか、すでに何匹も飼っている場合や複数匹飼いたいと思っている場合は多頭飼いがOKかどうかを必ず確認しておきましょう。

部屋が見つかったら入居する前にしておきたいこと



部屋が見つかったら、入居前に床や柱の保護をしておきましょう。
ペット可の部屋に限りませんが、賃貸住宅は退去するときには入居時の状態に戻す必要があります。

床がフローリングの場合、猫ちゃんの爪で傷が入りますし、猫にとっても滑りやすく関節に負担がかかりやすいというデメリットがあるため、あらかじめマットや絨毯を敷きましょう。
また、猫ちゃんは柱や壁で爪を研ぐ習性があります。
爪とぎでしか爪を研がない猫ちゃんもいますが、どんなにしつけても柱や壁で研いでしまう猫ちゃんもいるので、あらかじめ保護シートを貼っておくと安心です。

ペット可の部屋探しは根気が必要 



近年ではペット可の部屋が増えていますが、それでもまだまだ全体数の1~2割程度しかありません。
また、猫は家を傷つけるという認識があるせいか、ペット可とあっても小型犬に限られている物件も多くみられます。
筆者の知り合いが実家の近くでペット可住宅を探すとたくさんヒットしたため喜びましたが、調べてみると猫がOKの物件は0だったことがあります。
猫ちゃんと暮らすことができる部屋を探すときは、根気が必要です。
すぐに見つからなくも諦めず、いつかは見つかると信じてコツコツと探していると、条件に合った部屋を見つけることができるでしょう。








里親.comは、
主に病気や障害のある猫や
高齢猫・その他ワケありの猫の
里親募集を告知するサイトです。