猫ちゃんのペット保険は必要?加入率といらない人の理由を徹底検証!



猫を飼い始めると、意外と医療費がかかることにびっくりする飼い主さんもいるかもしれませんね。
猫は人間と違って、必ずしも保険に加入する必要がなく、任意で加入することとなっています。
「病気になるかどうかわからない」
「保険料が高そうで気になる」
など、保険加入のネックになることが多いのも事実です。
ここでは猫ちゃんのペット保険は必要なのか、加入率などをご紹介します。
いらない、と感じている人の理由についても併せてチェックしておきましょう!


ペット保険ってどんなもの?


「入っておいたほうが良いのかな」と、一度は検討をするのがペット保険。
そもそもペット保険とはどのようなものなのか、どんな補償を受けられるのかを知らないと、加入の検討もできませんよね。
まずは、ペット保険の基本的なことから学んでいきましょう。

病気やけがの治療費を補償


ペット保険では、ペットが病気やけがをしたときの治療費や入院費を補償してくれます。
人間の保険に置き換えると、医療保険をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。
加入した保険のプランによって補償内容が変わりますが、治療費や入院費の一部を負担してもらえる、と考えましょう。
一般的には、慢性的な疾患やそれに伴う手術、投薬などが保険適用となりますが、なかには補償の対象外となる疾患もあるため、加入する保険内容をしっかりチェックすることが大切です。
大きな病気をしたときや、ワクチンで予防できない病気になってしまった時は、ペット保険のメリットを実感できますよ。

特約や割引が受けられる


ペット保険は、入院費や受診費用を負担してくれるだけではありません。
プランによっては、さまざまな特約や割引を受けられるケースも。
・ペット賠償責任特約
・ガン追加補償特約
・診断書費用補償特約
・移動用補助器具費用特約
・健康割増引制度
・多頭割引
・無事故継続割引

これらはほんの一部で、保険会社によって特約や割引が異なります。
医療費を補償してくれることに加え、こういった付加価値も保険会社選びの参考にしてみるといいでしょう。

さまざまなプランから選べる


数年前まではペット保険の種類も少なかったのですが、ここ数年ペット保険の需要が増えたことで、いろいろな種類から選べるようになりました。
保険料が気になるけどペット保険には入っておきたいという人には、医療費の50%を負担してくれるプランや、できるだけ多く補償してほしいという人には、3割負担すればいい70%プランなどがあり、ライフスタイルに合わせて選べます。
補償内容が充実しているものほど保険料は高くなりますし、特約や割引などの付加価値がたくさん付いているものも保険料は高くなります。


ペット保険の加入率


ここ数年のペットブームで、ペット保険の認知度も上がってきていますが、現在の日本ではまだまだペット保険の加入率はとても低いです。
その普及率はわずか10%未満といわれています。
ペット保険大国であるスウェーデンでは、なんと80%以上の加入率で、ペット保険の重要性が高いことがうかがえますね。
また、ペット保険の先進国といわれるイギリスでは20%と、日本よりも高い加入率です。
しかし2021年現在、ペット飼育をする人が増え、ペット保険のニーズが高まっています。
ペットを購入するときに、ペットショップで保険に加入する人が増加しているようです。


ペット保険に入らない人の理由とは?


ペット保険の重要性はわかっているものの、やっぱり加入はしない、と決めた人も少なくありません。
ペット保険はいらない、という人には、どんな理由があるのでしょうか。

病気やけがをしなければ保険料が無駄になるから


ペット保険がいらない、という一番の理由は、せっかく保険に加入しても猫が病気やけがをしなければ、保険料が無駄になってしまうからです。
万が一のために保険に加入したのに、避妊や虚勢の手術のみでほとんど動物病院に行かなかった、という猫も実は少なくありません。
ペット保険のほとんどは掛け捨てタイプなので、通院しないと払ってきた保険料のもとを取ることはできません。
とくに成猫のうちは病気をするリスクは少なく、シニア期までは様子を見たいと考える飼い主も多いようです。

補償されない病気やけがも多いから


ペット保険は、どんな症状でも医療費を補償してくれると思っている飼い主も多いかもしれませんね。
しかし、補償の対象外となる病気やけががあるのも事実です。
・避妊や虚勢手術の費用
・予防接種費
・予防接種で防げる病気
・歯に関する病気
・先天性異常
・自然災害による病気やけが

プランによっては対象となることもありますが、一般的にはこれらの医療費は補償の対象外というケースがほとんどです。
また、最低支払対象治療費が設定されているペット保険もあり、対象の疾患でも保険料が支払われないケースもあるようです。


万が一のときにペット保険に入っておくと安心


猫を家族に迎えても、ペット保険の加入はいらないという人は少なくありません。
しかし、いつ大切な猫ちゃんが大きな病気を患ってしまうかは、誰にも分りません。
そのもしものときのために、金銭面でサポートしてくれるペット保険の加入を検討してみてはいかがでしょう。
数年前に比べてペット保険も充実しているので、さまざまは保険会社を比較検討してみてくださいね。






里親.comは、
主に病気や障害のある猫や
高齢猫・その他ワケありの猫の
里親募集を告知するサイトです。